実録!甘酒と乳酸菌で1ヶ月で22キロ減量ある男の物語。

私は、幼少時代から体も大きくて小学6年の時には、90キロオーバーありました。

高校卒業時点で、123キロ。

社会人になっても、110キロ前後をずっとキープしたまま生活をしていました。武道をしていたのもありましたが

社会に出てからは、その体が邪魔をしてオフィスワークなどは向かない。。。

飲食店に就職をして働いていましたが体の大きさが邪魔をする。。。

結局、力仕事や外の仕事を選ぶしかなくなったのが事実です。

そういう私も、結婚することになり日々を有意義に過ごしていました。

月日は流れて、ある日揉め事で離婚。

妻に散々言われて最後に一言。

『人は、簡単には変われない』

この一言に火がついてしまいました。

 

私はたしかに以前から、忍耐力が足りない部分が見受けられました。

長続きしない。飽きやすい。めんどくさがり。

三拍子揃っています。

こんな男誰も相手にしないよな。。。

 

しかし、前妻のその一言で『イラッ』とした私は離婚後変わっていきます。

 

まともに、ダイエットなど試したことのない私はネットや本屋さんで、色々なダイエットに関するものを毎日読み漁り。

 

その日から、ダイエット生活をはじめました。

今話題の!と付くものは、試して合わなければやめる。

その繰り返しでしたが。

 

試しているうちにある方法に行き着きました。

『良く噛んで食べる』

この方法は本当にシンプルで簡単でした。

私は昔から、食べ物をすぐ飲み込む習慣がありました。

そして、胃腸を壊す。

この繰り返しです。そして便秘。

老廃物が体内にたまり淀む。その結果悪循環になり太りやすい体質になる。

 

色々と自分を使った実験をしました。

断食や低糖質などなどやりました。

 

そして一番シンプルで

尚且つ確実に1か月で22キロ減量に成功して現在もまだ体重が落ちていく方法。

 

お教えしたいと思います。

 

『腸内細菌をまず変えろ』

 

そんな話あるかな???

 

実は医学界ではだいぶ前から有名になっていたらしいのですが太る菌・痩せる菌というのが体内に存在しているのです。

 

これは家族内遺伝がとても多く腸内細菌(常在菌)としても知られています。

この菌をまずは調べて、割合を変える努力をする。

 

この方法が確実にダイエットを成功させる秘訣になります。

そこで私は実際に、常在菌やカビ類と言った物も勉強を初めて行き着いたのが、『手作り玄米甘酒+植物性乳酸菌or動物性乳酸菌』の飲み物を作るということ。

甘酒は抵当ダイエットにはむきません。しかしこれに植物性乳酸菌を加えて熟成発酵を促すと糖質分解をしてアミノ酸が豊富な飲み物に変身します。

何よりも、『痩せる菌』を増やすにはこれが一番いいです。

 

これは、皆様にも一度試して頂きたいものです。

 

『手作り玄米甘酒+植物性乳酸菌or動物性乳酸菌』を1日コップで2杯ほど500mlくらいですかね。

 

夕方~夜にかけて飲むことをおすすめします。

後は食事は普段通りで日に日に体質が変わっていきます。

菌のものは夕方から~朝方にかけて『夜』頻繁に活動します。

 

風邪などの菌もそうです。なので夕方~夜中は熱が出やすくなりますよね。

 

私はこの飲み物に加えてよる1時間散歩していました。

それだけで22キロ減量に成功しました。

 

現在も続けています。