• カテゴリー別アーカイブ Uncategorized
  • 本当に痩せるサプリevent開催!その前に知っておく5つのこと

    本当に痩せるサプリダイエットのために外出するのってアリだと思いますよ。だって、家にいたら食べてしまいますもん。私の場合は、5人家族で暮らしていますから、まあ家にはいつでも食材があるわけです。これで一人暮らしでしたら、自分が買いに行かない限り、冷蔵庫にも戸棚にも食品はないわけじゃないですか。

    本当に痩せるサプリプラスアルファの考え方

    しかしそれなりの大きさのある人間が5人で暮らしていますと、まあ常に食材のストックはあるのですよね。レトルト食品もあれば、冷凍食品だってありますから。それに炊飯ジャーのなかには、いつでも炊いてあるお米が入っているわけですよ。

    ですからお腹がすけば何かしら食べられる環境にあるわけです。しかしそれってダイエットにとってはあまりいいことではないと思うのですよね。これが一人暮らしだったのならば、面倒臭がりだということもあって、私はスーパーで買いだめはしませんからね。

    それに一人暮らしをしていた頃も、私は自分自身で「私は食べちゃうタイプだなぁー」と気がついていましたから、余計に買わないようにしていたわけです。家に食べるものがあれば、ついつい食べてしまいますからね。

    しかし、今は実家暮らしです。ですからおいしいごはんが何も言わなくても出てくる上に、お菓子やデザートも豊富にあるものですからね…。ですからついつい食べてしまいますよ。そして体重は増加傾向なのです。ですからダイエットを始めなくてはいけないわけですよ。

    だって実家で暮らすようになってから、「明らかに太ったねー」と、久しぶりに会った人にも言われますからね。それに私にしても、学生時代の服が入らなくなっていることは、しっかりと事実として受け止めていますから。

    ですから痩せなくてはいけないのです。まだたっぷりと太っている場合じゃないものですから、痩せなくてはならないわけですけれど、しかし実家暮らしというものは、誘惑が非常に多いわけです。

    なので最近では自室でダイエットマシーンにて筋肉アップで痩せる方向で考えているのですけれど、しかしダイエットマシーンでがんばって運動していると、兄貴が小馬鹿にしてくるというものすっごくよくない現象が起きるのですよね。

    これでイケメンの兄貴でしたら、「もおー!やめてよ、お兄ちゃんったら」的なほのぼのシーンに進んでいくのかもしれませんが、柿の種のような兄貴ですからただひたすらイラつくだけです。最近ではダイエットマシーンに集中するために、自室でこもってやっていますよ。ダイエットは続けることに意義があるーぐらいのことを思っていますので。

    頭の出来具合とか芸術の才能、そしてスポーツの身体能力、もちろん多くの才能は努力に裏打ちされているといった反論が出来るかもしれないが、そうとも言い切れないし、そりゃー勉強は一部の例外を除いてやればやっただけなんとか覚えていくし、それなりの成果は出る。
    しかしながら、やっぱり才能でしょって思うときがある。なにしろ、あれだけ文字を書いても上手にならなかったり、絵はミミズのはった感じになるわけである。
    そう、そんな才能がない私でも、算数は割と勉強しなくてもできたけど英語は全くだめってわけだから個々の潜在的能力ってあると思うのである。
    なにを言いたいのかというと体重が、他の人と同じように食事をとっても何故か太ってしまう。ダイエットも、これは効果があるって話なのになぜか自分には合わないといったことが往々にしてありがちだという事だ。

    以前、ダイエットをしていた女の子がこの方法だと、痩せるんだよって勧めてきた。そりゃーちょっと可愛い感じの子でその女の子には全然悪意がないわけであるから、別にどうこういうつもりはないんだ。
    しかし、大分たった今考えるとこのアドバイスは無駄だったな、むしろ逆に太る原因だったなあと思う事がある。
    その女の子は、もう痩せる必要のない申し分のない体系だったのだが、ダイエットをしていてあと3キロぐらい痩せたいと言っていた。そして今やっているダイエットが置き換えダイエットでしかも2食分置き換えるって今考えると馬鹿らしいようなダイエット方法である。

    2食に減らして本当に痩せるサプリを生活にプラス!

    それにしても、これを真似しようとした自分も自分である。多分、色気づいていてその彼女に嫌われたくないために(って付き合ってもいないのに無駄の努力をしたもんだ)
    話題を合わそうとそのダイエット方法を何か月かやったわけだ。まあ、デートも何回かしてもらったわけだから、悪い思い出ではないけど余計なものがくっついた。
    いわゆる、必要以上の脂肪である。もちろん、ダイエットしている間は痩せるわけではあるが、長い目でみるとダイエットの失敗は太りやすい体質を作るわけであるから…。

    その後、置き換えダイエットをやってみていろいろ経験して、この置き換えダイエットはどういう風にやらなければいけないのかを経験によって学んだ。しかしながら、若かった当時の、置き換えダイエットの失敗のリバウンディングはカバーできようもない。

    今は、現状維持位は出来ているし、ダイエットしてもリバウンディングしなくなったが…。
    ところで、朝食にあまり好きではなかったヨーグルトを食べるようになったは、前述の彼女のおかげである。

    間違いがなく、本当に痩せるサプリを飲むことで、ダイエットの進み具合が全く違ってきます。

    ダイエットをする上での、本当に痩せるサプリは非常に重要だという事が分かります。

    本当に痩せるサプリのサイトでは下記のように注意喚起されています。

    『誰でも絶対に瘦せられるサプリなんてものは世界中にどこにもありません。』

    考えてみれば当たり前ですが、飲めば絶対に痩せることができるのであればこの世に肥満という言葉なんてなくなりますもんね^^;

    ですが、しっかりとダイエットに効果的と言われるサプリを飲み続けることで痩せる可能性を高めることは可能です。

    出典:本当に痩せるサプリ.com

    ここからも、本当に痩せるサプリを飲むにしても良いサプリを選ぶのは非常に重要だという事が分かります。

    ダイエットをし始めれば、この体重までは落とすことが簡単…って事を思っていた。そう50年以上生きていたわけであるから、ある程度失敗する要因はわかっている。最近はある体重までは落とせるという自信があったわけです。

    しかし、ここ1週間して感じることは、また体の感じがまた変わったから今まで通りやっていても痩せないという思いに変わってきた。

    最初始めた時は93キロで、90キロまでは落とすのカンタンで出来れば、今年のうちに85キロまでいけたらいいなと軽く思っていたし、このぐらいはそれほど苦労しなくても可能だ。と…。

    けれど、1週間たっても痩せない…どころか3日目に95キロをピークとして、未だに始めた93キロに届かないわけである。最初は、水分をたくさん摂るようにしているから2キロは誤差の範囲とおもっていたのだけれど、ちょっと違うようだ。そう、普段だったら、ダイエットを始める当初はきつくもなく体が軽くなり始める頃、きつく感じるのも1か月後ってのが40を過ぎてからの経験則だったはずだ。

    だが、今回はそうじゃない、体が妙に重いし運動(軽い散歩ぐらい)をやる気も怒らないし、それと反比例するように食事の量はそれほど減らしていないのになぜだか異常に腹がすく。
    それでも、スタート時点の時よりは食事の量を減らしているのに体重が微増しているのはどうしてだろう。

    考えられる原因は、代謝がきちんとしていない事、カロリーを消費できていないと言う事だろうと予想できる。もう一つは、生活のリズムが多いにくるっているという事で仕事や作業を昼間に出来ないで、夜中とか朝方とかにやっているという事。
    これは、夜眠れないからどうしても眠りが浅くなっているせいだろう。会社勤めしていた頃と違って生活のリズムがくるってしばらくになるからというのもあるのかもしれない。

    今後、できるだけ元の生活に近い状態に持っていきたいと思うが、そのためには体重を落とさなければ、多分元に戻る事が出来ないような気がする。いわゆる原因が極限まで太ってしまった事で体調が悪くなってしまったから、今まで通りの生活が出来ないって事なんじゃないか。
    なにか、にわとりが先か、卵が先かってあの禅問答のような屁理屈にも似たような感じになってしまっているのであるのです。

    となると、この状況を改善する為には、今までは無理しないでダイエットって考えていたが、無理してでもダイエットして体重を落とすって事が大事なような気がしてきた。
    そういえば、体重の限界を超えた人にはまず病院でという対処方法しかないという話だ。自分もそれに近いのかも・・・であるのです。


  • 実録!甘酒と乳酸菌で1ヶ月で22キロ減量ある男の物語。

    私は、幼少時代から体も大きくて小学6年の時には、90キロオーバーありました。

    高校卒業時点で、123キロ。

    社会人になっても、110キロ前後をずっとキープしたまま生活をしていました。武道をしていたのもありましたが

    社会に出てからは、その体が邪魔をしてオフィスワークなどは向かない。。。

    飲食店に就職をして働いていましたが体の大きさが邪魔をする。。。

    結局、力仕事や外の仕事を選ぶしかなくなったのが事実です。

    そういう私も、結婚することになり日々を有意義に過ごしていました。

    月日は流れて、ある日揉め事で離婚。

    妻に散々言われて最後に一言。

    『人は、簡単には変われない』

    この一言に火がついてしまいました。

     

    私はたしかに以前から、忍耐力が足りない部分が見受けられました。

    長続きしない。飽きやすい。めんどくさがり。

    三拍子揃っています。

    こんな男誰も相手にしないよな。。。

     

    しかし、前妻のその一言で『イラッ』とした私は離婚後変わっていきます。

     

    まともに、ダイエットなど試したことのない私はネットや本屋さんで、色々なダイエットに関するものを毎日読み漁り。

     

    その日から、ダイエット生活をはじめました。

    今話題の!と付くものは、試して合わなければやめる。

    その繰り返しでしたが。

     

    試しているうちにある方法に行き着きました。

    『良く噛んで食べる』

    この方法は本当にシンプルで簡単でした。

    私は昔から、食べ物をすぐ飲み込む習慣がありました。

    そして、胃腸を壊す。

    この繰り返しです。そして便秘。

    老廃物が体内にたまり淀む。その結果悪循環になり太りやすい体質になる。

     

    色々と自分を使った実験をしました。

    断食や低糖質などなどやりました。

     

    そして一番シンプルで

    尚且つ確実に1か月で22キロ減量に成功して現在もまだ体重が落ちていく方法。

     

    お教えしたいと思います。

     

    『腸内細菌をまず変えろ』

     

    そんな話あるかな???

     

    実は医学界ではだいぶ前から有名になっていたらしいのですが太る菌・痩せる菌というのが体内に存在しているのです。

     

    これは家族内遺伝がとても多く腸内細菌(常在菌)としても知られています。

    この菌をまずは調べて、割合を変える努力をする。

     

    この方法が確実にダイエットを成功させる秘訣になります。

    そこで私は実際に、常在菌やカビ類と言った物も勉強を初めて行き着いたのが、『手作り玄米甘酒+植物性乳酸菌or動物性乳酸菌』の飲み物を作るということ。

    甘酒は抵当ダイエットにはむきません。しかしこれに植物性乳酸菌を加えて熟成発酵を促すと糖質分解をしてアミノ酸が豊富な飲み物に変身します。

    何よりも、『痩せる菌』を増やすにはこれが一番いいです。

     

    これは、皆様にも一度試して頂きたいものです。

     

    『手作り玄米甘酒+植物性乳酸菌or動物性乳酸菌』を1日コップで2杯ほど500mlくらいですかね。

     

    夕方~夜にかけて飲むことをおすすめします。

    後は食事は普段通りで日に日に体質が変わっていきます。

    菌のものは夕方から~朝方にかけて『夜』頻繁に活動します。

     

    風邪などの菌もそうです。なので夕方~夜中は熱が出やすくなりますよね。

     

    私はこの飲み物に加えてよる1時間散歩していました。

    それだけで22キロ減量に成功しました。

     

    現在も続けています。


  • 人生何度目かのダイエットでようやく出たやり方

    もう何度目のダイエット宣言でしょうか…。

    昔から体重の変動が激しくて、おまけに身長も低いので数キロ増えただけで見た目がすぐにぽっちゃりになってしまいます。

    今までに一日1食にしてみたり、油物を食べないようにしてみたり、キャベツダイエット、えのき氷、リンゴダイエット等いろいろな方法を試してきました。

    もちろん通販等で購入したダイエットグッズも自宅にあふれかえっております。

    グッズはたくさんあっても購入した最初だけ使って、効果が出る前に諦めてしまい押し入れ行きがいつもパターンなのです。買ったことに満足してしまって買った意味が全くない状態に…。

    いつもカロリー計算も適当で、誘惑にはことごとく負けてきましたが今回はいつもと違います。

    夫が今CMで有名なジム並みのダイエットに挑戦していまして、食事制限から運動まできっちりやっているので、それに感化されて私もまたダイエットを始めることにしました。

    夫がしているような厳しいのはすぐに諦めて続かないと思ったので、食事は夫と同じものを食べながら運動に関してはプールに通うことにしました。

    自宅の近くに市民プールがあり、室内でウォーキング専用レーンやジェットバス等施設が充実しているので一度試しに行って30分ほど歩いてみたところ地上の30分のウォーキングでは得られない疲労感が!

    もちろん筋肉通にもなったのですが、水中だと運動している時は浮力で体が軽いので楽に動くことが出来ますし水圧で負荷がかかり短時間でたくさん消費することが出来ます。

    これは自分に合っていると思い、そこからは回数券も購入して2日に1度は通っています。

    そこの施設は横にジムも併設されているのでプールで歩いた後にトレーニングをすることが出来ます。私はプールですっかり疲れてしまうのですが夫と一緒に行ったときは付き合って軽いトレーニングもするようになりました。

    夫とは年の差が10歳以上あるので、どうしても年上の夫の方が先に衰えていきますが一緒に長生きしよう!と言って健康のために頑張っているので私も年齢にあぐらをかかずに体の為に健康的なダイエットに励みたいと思います。

    毎日体重計に乗って「何キロだった?」とお互い聞きあっているので、夫が減った時は私も嬉しいですし私ご減った時は自分のことのように喜んでくれます。

    1人でするダイエットよりも、身近な人と一緒にするとお互いに励ましたり意識したりするので私にとっては今のダイエット方法が一番合っている気がします。

    夫婦で長生きしたいものです。


  • バランスの良い食事の回数を増やして、見事にやせる。

    空腹の状態が長ければ長いほど身体は食べ物の栄養を吸収しようとしますよね・・・。誰でもそうなるようなので栄養の吸収を悪くすると言うとおかしいですが、「食べたものの栄養を吸収しすぎない身体にすること」が痩せるためには大事だと思います。

     

    病気になると身体が弱って食べたものの栄養がちゃんと吸収されないから痩せますね・・・。

    身体の中で食べ物の栄養を吸収するのは腸です。

    胃で消化された食べ物が腸に落ちていき腸の中で栄養が身体に吸収されます。重い病気にかかっていると腸の働きが悪くなるので食べたものの栄養がちゃんと身体に行き渡りません。

    だから痩せていく一方なんですよね・・・。

     

    健康な状態で痩せたい人は腸が完全に栄養を吸収しないようにしっかり食べる必要があります。

    食べ過ぎは肥満の元だけど3食その都度食べていれば腸の働きは普通に戻ります。

    食事を抜く習慣があると、やっと身体に入ってきた食べ物の栄養を逃してはなるものか!と腸は忙しく働き始めるのです。

     

    ダイエットは短期で考えると必ずリバウンドしてしまいます。

    ダイエットは短期決戦ではなく長期的に考えないと満足できる痩せ方はしません。少しくらい痩せることなら誰にだってできるのです。

    それこそ子供だって1日2食にすると簡単に痩せますよ。老人だって食事を抜く習慣を作ってしまうとみるみる痩せていきます。

     

    でもこれは一時的なもので、普通に3食食べ始めると今度は太っていきます。

    本当にうまく痩せる方法は食事の回数を増やすことだと言われていますが私も同感です。

    1日3食と決めなくたって、時間を決めて4食でも5食でも食べるといいのです。

    そのときに考えなくてはならないこと・・・それは食事の量と食事内容ですね。

    カロリーが多い食事はやめるとか、肉ばかり野菜ばかりという極端にバランスを欠く食事もやめなければいけません。

     

    バランスが良いメニューを考えて少量だけ食べるんです。

    要するに「お腹が空いた状態を作らないようにする」のです。お腹がグーグー鳴るようなお腹がペコペコに空いた状態を作ってしまうと食べたものが身体にしっかり吸収されます。

    1日5食でもいいから頭を使ってメニューを考えてみましょう。

    バランスが良い食事を少しだけ食べることで身体は飢餓状態にならないので太りにくくなります。

     

    私は1日4食ですがバランスを考えて食事をしているので体重の変動はほとんどありませんよ~。

    食べて痩せられるオススメのダイエット法です。


  • 体重を二けたに戻すべくダイエットを決意しました。

    大学を卒業して就職しから約20年大学時代はアメフトをやっていたので太りたかったんですがかなりトレーニングもしていたのでなかなか一度も100きキロにはなれなかったんですが、就職するとあっという間に100キロに到達し逆に到達してからは二けたに戻すことはできずにいます。

    今回別理由はないのですが二桁体重に戻すことを決意したので無理なく2年計画でダイエットに取り組むことにしました。むりしてリバンドしてもしかたがないですしね。

    まず最初にかんがえたのは食生活の改善で甘目の缶コーヒーをカットすることにしました。

    そのかわり,寝起きの一杯ようにウオーターサーバーを導入し粉末の青汁を飲むことにしました以前から野菜不足をきにしていたのでちょうどよいです。あとは適度の運動ですが、ジムに行くと本気でやってしまい最終的にビールのんでしまうので、歩く量を増やすことにしました。

    ただ歩くのは暇なので、好きな朗読を聞きながら歩けるようにつモバイルの通信環境を整理し急ぎの移動以外は歩くことにしました。

    まだ実行はしてんないですが計画上は見事なダイエットに成功しています。

    大學のころのマッチョな体型になっていると思うとそれだけでもちょっとうれしいですね。あとは強い心で実行あるのみです。

     

    仕事に追われていたら10kg痩せました

    半年程で10kg痩せました。

     

    タイトルの通りであれば、「何が方法じゃい!」ということになると思いますが(笑)

    正確に言うと、『昼食・夕食の時間を工夫する』というのが私が実践した方法になると思います。

     

    一年程前から突然仕事が忙しくなりました。

    単純に人手不足で、とにかくこなす量が多すぎる!毎日残業して、早朝からきても全く仕事が終わる気配がありませんでした。

    毎日くたくたに疲れて帰る…そして、昼食・夕食を食べる時間がどんどん少なくなっていきました。

     

    元々軽度肥満体型で、食べることが好きでした。

    だから、深夜に帰っても夕食を摂り、また更に太るきっかけとなっていたと思います。

    気付けばそれまでより5kg増、さすがにやばいと現状の改善方法を考えたのです。

     

    まず、昼食を食べ損ねることが多く、夕方頃に昼食を食べていたので、朝食を大量に食べることにしました。

    基本的にはフルーツグラノーラにヨーグルトをかけたものを食べます。

    袋には一食分の目安50グラムと記載がありますが、たぶん200グラムくらい食べていますね(笑)

     

    昼食は、お昼に食べ損ねたとしても夕方には食べます。だいたい17時頃になります。

    すこし早い夕食というイメージかもしれません。

    田舎のおばあちゃんとかは、この時間に夕食を食べてたりしますよね。

     

    昼食も量は多めに。

    後述しますが、お弁当を持参していました。二段式のお弁当と、もう一つタッパーがありました。

    中身は特にこだわりなく、白米もお肉も入っているものです。

     

    17時頃にこの昼食を食べると、その後ほとんどお腹が空くことはありませんでした。

    残業の時間も空腹でイライラすることもなく、スムーズに仕事を進めることが出来ました(笑)

     

    そして夕食。

    実家住まいで、両親が食べたものと同じものが用意されています。(私が帰る頃には、ふたりとも就寝中でしたが)

    ただし、この時点ではこの夕食は食べません!

     

    用意するのはお弁当箱とタッパー。ここに用意してある夕食を詰め込み、冷蔵庫へ。

    翌朝、お弁当の袋に入れて持っていくのです!

    そしてそれを、17時頃に昼食として食べます。

     

    これをとにかくずっと繰り返していました。

    どうしても夜にお腹が空いたときは、お弁当としては持っていけないスープだけを食べていました。

    状況が変わり、仕事に余裕が出来ても平日の食事だけは同じようにしました。

     

    1食抜きダイエットのようなものでしたが、個人的には我慢しているという感覚は全くありません。

    休日は好きなものを好きなだけ食べているし、間食もします。夜にお腹が空くという感覚もほとんどありません。

    経済的にも良いですし、いろんな人に痩せたと言われるようになりました!

    これからも続けられるダイエット方法だな、と個人的には思います。


  • 走ってればやせると思っていたが、それだけではだめみたい

    等価交換の法則

     

    人の心は無理だけれど

    なんとなく物と言うのは与えたらそれだけかえってくるようなきがしませんか?

     

    走れば痩せると思うじゃないですか。

    実はそうでもないんですよ。

    知ってましたか?

     

    私はBMIでいう標準体重。

    よく言えば健康的、悪く言えば中肉な人間で、普通な人生を送って参りました。

    しかしあるとき思ったんです。

     

    死ぬ前に痩せてみたい。

    やせた自分をみてみたい!と。

     

    しかしまぁ人並みになんどもダイエットに挑戦しなんども失敗は経験しており

     

    人間ラクには痩せられない

     

    と言う事くらい知っています。

    だからあえて自分自身への挑戦!

    走って痩せるプロジェクトを開始してみました。

    そうそれは一年前でした。

     

    まずジムに入会。

    最初は本当にさんざんでした。

    ランニングマシンに挑戦。

    これが怖い!不器用なのか転びそうで気が気でありません。

    しかしそんなこともいってられないので必死にランニング。

    1分で息切れ。

    もうやだ、きつい。

    とりあえず歩く。

    しかしこんなんじゃ痩せられない!

    まわりに絶対冷ややかな目で見られてるんだろうな…と思いつつ必死に走りました。

    だって痩せるんだもん、きれいになるんだもーん!

     

    最初はなかなか走ることができませんでしたが徐々に長い時間走ることができるようになり長く走れるようになってきたらだんだん早く走れるようになってきました。

     

    今のジムのランニングマシンって本当に優秀でテレビとか色々ついてるんですよね。

    たまにはしりながら小説読んでる人とかいてびっくりします。

    ジムへ走りに行きたくない時はあえてみたいテレビがある時間に行き

    「テレビがおわるまでだけ走る!」と耐えてみたり

    行きたくないから

    「行きたくない事について悩むのは時間の無駄なんでいっそ走りながらなぜ走りたくないかについて考えよう、話はそれからだ!」

    などとトンチみたいな屁理屈で自分をだましたりして

    なんとか

    なーんとか!

    週に必ず三回!毎回10km走ってみたのです。

     

    うん。

    途中でなんとなく気づいてた。

     

    走る前から体重が全く減ってないこと。

     

    私、食事制限は全くしなかったんです。

    走るだけ。

    走るだけでやせると思ってた。

     

    だって走ってるんだよ!?

    やせると思うじゃないですか。

     

    私はやせませんでした。

    単なるコデブから

    走れるコデブに進化しました。

     

    現在、いまだに走り続けてます。

    なぜなら

    今もしやめたらどうなるかわからないからです。

     

    わたしはやめたら

    走れるコデブから

    単なるコデブに戻れるのでしょうか?

     

    それとも

    コデブからオオデブに進化するのでしょうか。

     

    走れば痩せると思ってた。

    しかし

    走ってもやせなかった。

    じゃあ

    走らなくても太らないのかな?

     

    うあーん!誰か教えて~!